selected entries

categories

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

いろいろデビュー

本日、千葉マリーンズの監督が伊東勤さんに決定との報。しつこいようですが、常勝チームの扇の要だった勝ち方をご存知の方。期待してます。
できれば、大量にコーチの解任がありましたので常勝チーム時代のご同輩をひっぱってきていただけたらありがたいんですけど・・・。土井さんとか・・・。伊原さんは読売のフロントか・・・。

コーチの大量解任については、いかにもサラリーマン的なフロントの所業。ダメならアタマをさげかえろ、と。金森栄治コーチ以上の打撃コーチなんていませんよ? まあ、いいや。

標題のデビュー。まず、すごく遅いんですけど、株取引なんてデビューしちゃいました。最初の銘柄ですから、いちおう名前を知ってて、単元で1万円以内で買えて、株主優待があって、なんてえらんだら、現在企業価値・株価とも絶賛没落中のあの小売のを買って、株主生活2週間で早くも20%の含み損を計上中です。

次に、家人がスマホに替えて、それがえらく使い勝手がいい。あと、ひょんなことからipadを借りれてこれまた具合がいい。と、いうわけでAndroidタブレットデビュー。10インチで安いの、、、 なんて探してたらAcerのIconia一択でしたのでほぼ迷いなく。使ってみたら、そんなに10インチに拘らなくてもよかったかな、というかんじ。Googleのヤツのほうがよかったかも。けど、まったくノートラブルで、ちょっとした調べモノとか、上記の株価ウォッチならこれで充分ですね。まあ、ケータイでもいいわけですが・・・。

せっかくだから、このタブレットを多くのヒトがそうであると想像しますが、取りっぱなしで顧みられることが皆無なデジカメ画像のフォトフレーム替わりにも使えたらいいな、と。




携帯水没と秋の原付メンテ

秋も深まり、わが千葉ロッテマリーンズは5位にて終戦。
西村徳文監督が解任され、元西武監督の伊東勤さんの招聘が決定的とか。ちょっと千葉のカラーとは違うような気もしますが、野球を、勝つことをよくご存知の方なので楽しみにしています。
それと、わたしが大好きな南竜介が戦力外に。南も含めて、ほとんどが「外様」といわれる移籍してきた選手に対しての通告。そういうところが甘いのかもしれません。
で、南については、これだけムダに分厚くなった右打ちの外野手の層では、上記の外様であること、年齢も含め妥当といえば妥当。ただ、ファンとしては妥当だからしゃあない、という心境にはなれないものです。

さて、そんな千葉ロッテの本拠、QVCマリンフィールドへの往復の足に利用してきた原付は恒例の秋のメンテナンスとなりました。恒例といっても2シーズンめですけど。
乗ってて、イマイチしっくりこなかったところにも着手しますが、きょうはまず、必要以上に大きくなってきたアクセルの遊びの修正。
アクセルの動きをみていてイッパツで原因がわかったので写真でも撮るか、とケータイをポケットに入れて向かう前にトイレにぽちゃん、と。トイレに水没させるバカなんてこの世にいるのか、とおもっていましたが、ここにしっかりおりました。

メンテの前に水没したケータイについてですが、巷間知られるように、アルコール(ブレーキクリーナー)を吹いてドライヤーで乾燥させて、とひととおりのことはやったつもりですが、バッテリーをつないだ瞬間にカメラの夜光ランプがおもいっきり点灯する状態。完全に内部ショートの様子です。
で、先般スマホデビューした家人のおさがりをもらってこれからモロモロの設定です。Edyは使えるんだろうか・・・。

で、アクセルの遊びについては、斯様な次第で写真での解説ができないんですけど、ヤマハの純正部品検索ページで各車の「ステアリングハンドル、ケーブル」のページに載ってる「ホルダ」という部品。ビーノの場合は部品番号「584-26393-02」。これがひん曲がってたのが原因でした。
けっこう、これを固定しているボルトがサビて往生しましたが、交換したところ、ほぼカンペキな状態に。

ついでに、フロントブレーキの戻りが悪かったのでレバーのところからCRCを吹いてみました。ぼたぼたこぼれて決して美しくはありませんが、ワイヤーインジェクションがなくても、よくあるCRCについてくるノズルでなんとかなりますね。調子にのってアクセルワイヤーにもやっときました。

次回以降に、駆動系のリセッティングを予定中。

JUGEMテーマ:車/バイク
 



WBCでるの?

土壇場でWBC出場を決めた日本プロ野球の選手会。
わたしは朝日新聞購読者ですので、こりゃ朝日主導だな、とおもわせる経緯がそこはかと。コミッショナー批判は最たるものでした。同調して、でなくてもいいじゃん、なんてわたしはおもってました。

で、監督人事が次の課題になっているようです。落合博満さん、原辰徳監督、秋山幸二監督を中心に検討されているようです。
これ、完全な私見ですけど、こういうトーナーメントで求められるベンチワークは、144試合を戦うのとはまったく違うわけで、ポストシーズンに近いとおもわれます。したがって現役監督中、ポストシーズン最強の西村徳文・・・ というのは冗談ですが、いかがでしょうね。

マリーンズの選手では、経験値から第二、第三キャッチャーで里崎智也、外野の守備要因で岡田幸文がもぐりこめるかどうか、といったところでしょう。けど、なんですけど、ざっとパリーグを見渡しても、根元俊一以上の右投げ左打ちの内野手はケガしてる田中賢介選手以外にぱっとはおもいつかないんですけど、、、 さすがにこれはひいきの引き倒しか。

ともあれ、出るときまった以上、わたしは応援するでしょう。前大会の岩隈久志投手の快投にはほんとにしびれましたし。あんなふうにマエケン投手が国を背負って投げてみたい、とおもっている気持ちは尊いとおもいますし、実現してほしいとおもいます。

あとは、宮本慎也選手やイチロー選手のような、並み居る一流のプロ野球選手たちを暗に陽にまとめ、ひっぱってくれる人材がいれば、そうヘンなことにはならないようにおもいます。

来春の楽しみが増えました。




| 1/14PAGES | >>