selected entries

categories

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

安もの買いの・・・

秋の原付メンテ。駆動系編を予告して久しいですが、その前に標題の安物買いの銭失いのこと。
これは、端的にいいますと、楽天なんかで1500円以下で売られているバッテリーのことなんですね。

純正品がダメになって、続く安物はこちらの不心得で短命に。満を持した3代目に抜擢した安物、、、 いや1年も保証されてる廉価バッテリー。なるほど、後に対策したとはいえ、ある意味無意味な放電物をとりつけていたこともあり、どこぞの家電製品とおなじように保証期間をすぎたあたりでセルがまわらなくなり、今やウインカーがハイフラの状態。

一度はパルス発信機を用いたサルフェーサー除去機を自作しようと思い立ったり、リフェ(リチウムフェライト)バッテリーを真剣に調査したのはナイショです。

で、また同じものを買って一年に一度替えようかなあ、とかんがえてましたが、どうせ替えるなら・・・ と、思い至ったのが、いわゆる規制後SA10型番になった車両のバッテリー流用。2スト時代のビーノは規制されたとはいえ、対策パーツをモトのガワにつめこんだだけです。また、規制後は点火がいわゆるDC点火になったり、オイルポンプが電磁式になったり、バッテリーの負担が大きくなっているイコールバッテリーがデカくなってるんじゃないか、と。

で、例によってヤマハの純正部品で前後期の型番を比較しておりますと、シートボックスは共通、バッテリーボックスは別型番なんていう幸せな状況が見えて参りました。
これはつまり、バッテリーの大きさがかわって、バッテリーボックス自体はモトのシートに付く、ということを示します。

しかし、よくよく調べてみると、指定バッテリーが、規制前がYT4B-BS、規制後がGT4B-5。いっしょじゃん。。。

ちみなに、SA26型番以降の4ストビーノはバッテリーは大容量化されてますが、マウント位置がまったく異なり、搭載には切った貼ったが必要そうです。残念。

JUGEMテーマ:車/バイク
 



スタータークラッチ破損

さて、秋のメンテモードに入った我が家の原付。
これまでに手を入れたところ、、、 換装した3YJシリンダも含め、ここといってあきらかな不調はないんですけど、気になるところがないわけではない。どこかというと駆動系ですね。

シーズン中はちょっぴりめんどくさかったのと、クランクケースカバーのなかに明らかに故障している部分(標題のスタータークラッチ)があるので、その交換といっしょに、と伸ばし伸ばしになっていた次第です。

で、壊れてるスタータークラッチとは、これです。

ちょうど12時のところと8時のところにヒビ割れがあるのが見てとれるとおもいます。

ジツは、オリジナルと中古エンジンに載っていたモノも含め、まったく同じような破損が2つ発生しました。おそらく部品としての寿命とおもわれます。

駆動系の調整のときに、カンタンに手の届く範囲ですので少し気を配ってあげてもいい部品なのかな、とおもいました。

次回は駆動系の調整について。

JUGEMテーマ:車/バイク
 



テイストオブツクバ 神楽月の陣

今回も参加の友人の応援に参りました。
友人については、ほんとにがんばってて、長年やってる中でもベストに近いレース。このトシでベストなパフォーマンスがだせるってのはいろんな意味で励みなります。こういう元気をもらいにいってるのかもしれません。

このテイストオブツクバというイベントについては、初めて上記の友人に誘われて観戦した、たしか2001年ぐらいかな? 当時はテイストオブフリーランスってイベントだったとおもいますが、そのころとくらべるとオーディエンスは倍増以上では?
そうなると目だってくるのが、ショップの参戦。これだけ業界全体が冷えこんで、カネを落としてくれのが、このイベントに参加する層ぐらいしか残されていないんだから、力が入って当然。

だからこそ、完全にプライベーターの友人の活躍がうれしいんですけどね。

この日のおみやげ画像は、パドック一番人気だった新垣敏之選手(おいおい)を迎えたゼファー1100。


それから、先般も書きました58秒台をたたき出すBorgFZ。


JUGEMテーマ:車/バイク
 



| 1/26PAGES | >>