selected entries

categories

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

祝・受賞

昨日にかけて、ベストナインや新人王、MVPの発表・表彰があったようです。
タイトル獲得した角中勝也はベストナインに選ばれ、ソフトバンクの武田翔太投手との争いを制して益田直也が受賞。

角中はタイトルの重さが評価されてのもの。先日も書きましたが、4年前のWBCで一流の座をつかんだ内川聖一選手のように、まずは、代表に選ばれチャンスをモノにしてほしいと願ってます。

また、岡田幸文のゴールデングラブの連続受賞もとても価値があるものだとおもいます。ただ、どうしても、ゲーム観戦のなかでは、少ない守備機会より、打席や走塁に目がいってしまうもの。恐ろしく足が速いのに盗塁が少なかったり、その足を活かすために叩きつけるバッティングを志向しているのにグリップが低かったり。
わたしのなかでは、岡田は、荻野貴司よりは見たい選手で、清田育宏のためのポジションを割かれたくはない選手。その逆の見立てもあるでしょうし、そのふたりより岡田を下に置く方も少なくないとおもいます。
じゃなくって、レフト角中、センター岡田、でだれにしよう、っていうぐらいの選手になってほしいですね。しかし、、、 前監督は足を活かして首位打者にも盗塁王にもなってる方なのに指導してくれなかったんでしょうか。。。

で、益田。益田については、シーズン中から今年だけの選手になる覚悟は本人もベンチも、ファンもできていたとおもいます。だからこそ、この賞を獲るために新人最多をムリヤリ作ったフシもある。そういう意味ではある程度操作された受賞ではありますが、益田の将来のためには非常に大きな受賞だとおもってます。
来年については、期待するほうが酷。伊藤義弘の復活がチーム浮上のためのキーだとおもってます。

遅くなりましたが、藤浪晋太郎投手をはずして松永昴大投手を1位指名。左のサイドでストレートに力があるタイプのようです。西武から楽天にうつる星野智樹投手をイメージすれば大きくはずれることはないようです。期待したいですね。


JUGEMテーマ:千葉ロッテマリーンズ
 



WBCやストーブリーグ

本日、WBCの壮行試合らしい代表戦に千葉からは角中勝也が選出。がんばってきてほしいですね。
たしか、横浜時代の内川聖一選手が首位打者のタイトルをひっさげて選出され、今の押しも押されぬ地位を築いたように記憶します。あやかれるよう、がんばれ、角中。

して、ストーブリーグ。二軍投手コーチに小山正勝さんという実績豊富な方を招くことができたほかはあまり千葉にもロッテにもなじみのない方、実績のない方がずらり。あるタブロイド紙で提示額の低さに声をかけられた方にあきれられたとか。
返すカタナじゃないですけど、前社長の瀬戸山さんがオリックスに招かれ、西本聖コーチもオリックスへ。そのオリックスは西岡剛獲りにも参戦。
最下位に沈んだモガベーとオリックスは実績豊富な選手も含めたトレードに乗り出すなか、千葉は後手。
その方向性は賛否あったでしょうが、機動力に関しては最強といってもよかった千葉フロントの重ったるさが気になります。たぶん、セス・グライジンガーは残らないし、残ったとしても複数年契約で初年度は・・・ でしょう。

そこにきょうは今江敏晃のFA非宣言残留のニュース。まあ、この二年間で商品価値がガタガタになってしまっただけに妥当な判断か。
ハムの田中賢介選手は海外FA宣言。昨年の残り方が歯切れがよくなかったので、ああ、こういうことか、と。西武の中島裕之選手も海外FA宣言。なんとなく、これまでの日本人野手の成功事例に近いタイプなのは賢介選手のようにおもえますけど、中島選手は大好きなのでぜひ成功してもらいたいとおもってます。

まだまだこれからFA選手やメジャー帰りの選手の動向もありますので目が離せませんが、なんとなくこのまま開幕を迎えそうな予感もします。

JUGEMテーマ:千葉ロッテマリーンズ
 



ドラフト前夜

そういえば昨年のドラフト前は藤岡貴裕の指名権を願い、それがかなったことでえらく喜んでいたなあ、とおもいだしてます。

その藤岡や凡百のこれまでのドラフト一位の投手たちをみてわかるように、神宮や甲子園のガン数値は全くアテになりません。また、高校通算○本、ってののアテにならなさも周知のところ。じゃあ、なにをアテにしたらいいのか。

それを見極めるのがプロのスカウトだとおもうんですけど、わたしは、勝ち続けることだったり、活躍し続けることだったりするようにおもいます。
荒木大輔さんや桑田真澄さんのように高校三年間を全国民の前で投げ続けた投手にはずれはなかったし、春夏とか、夏春とか、連覇st連続準優勝とか、継続できた選手、とくにピッチャーはアテにできるとおもってます。大学通算○勝、とか、○奪三振とかも。

要は、今年は東浜投手か藤浪投手が引ければ幸せになれそうにおもってます。もちろん藤浪投手のほうが夢をみれそうですけど、万に一つもハズれがなさそうなのは東浜投手かな、と。藤浪投手は西武か広島が似合うと勝手におもってます。

あとの注目の大谷投手は、上記の継続ができていないという意味で素材倒れの可能性が少なくないとおもってます。失礼ですが、岩手県を勝ち抜けなかった投手にそんなに魅力はかんじません。それと、菅野投手は昨年は煙幕をはってましたけど、指名前の段階で藤岡よりいいハナシは聞きませんでしたので、その程度であっても不思議はない。

と、いうことで東浜投手を熱望します。で、藤浪投手なら大喜び。そんなかんじで明日の夕方を楽しみにしたいとおもいます。

JUGEMテーマ:千葉ロッテマリーンズ
 



| 1/45PAGES | >>