selected entries

categories

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

原付適正化計画(11) -完成近し

土日にかけて、ウエイトローラーの設定。ビンビンまわって最高速というより、プーリーの端までベルトが動くセットはけっきょくアプリオのノーマル比約1g減(3.5g×3+7.0g×3)+ボスワッシャー2枚ということになりました。
ただ、ウエイトローラーは「ジャスト5gがほしかった」・・・、ワッシャーは「1枚半ができればいいのに」・・・、というかんじ。

あとはキャブ。メインジェットに特化します。アタマの整理も兼ねますので長くなります。
安全圏とおもわれた85番から、アプリオ純正の82番、そして「勝負」の80番が現状です。この80番で「吹け切った」などと過日書きましたが、ウエイトローラーのセッティング中に全開走行していると、まだいくらかエンジンに余力があるように感じた。また、プラグもスキヤキ色。

このへんは、まさにわたしのスキル不足と、「薄いとエンジン終了」というシロウトレベルには重い十字架のもとのセッティングになりますので、薄くした状態での全開走行は清水の舞台から飛び降りるような気持ちになるものです。
ちなみにわたしの燃料調整のスキルは空燃費計がある状態でGCC2のツマミをいじる。アリもののECUのマップをちょこっとイタズラするレベル。わたしらの遊んでたころにはもう追加インジェクターなんて廃れかけてて、でっかいインジェクターをECUで制御するようになってましたが、わたしはゴテゴテしたのが好きなのと、追加+GCCでの花火仕様が大好きだったので、仲間うちはみんな追加仕様になってました。
GCCはわたしらにとっては追加の燃料量調整器具ではなく、バックファイアーの色を決める装置でした。

ハナシはそれましたが、キャブにせよ、セッティングというのは相対的なものではなく、絶対的なもの。ベストは固体や感覚や好みによって違う。ただ、目安となる相対的なものを念頭に着手しないと大きなムダが生じる。あるいは、それが違っていると大きなムダになる。まさにいまのわたし。

前提となるうちのビーノの吸気から排気まで
ダクト2つのエアクリーナー⇒3KJ太ジョイント⇒グランドアクシス純正キャブ(MJ80番)⇒純正互換4枚リードバルブ⇒3YKエンジン⇒ビーノ純正マフラー

相対論で申しますと、3KJダクトを付けるときにはメインジェットを5番〜10番あげましょうという定説からするとアクシスと同じ16ΠキャブのアプリオのMJ82番からすると80番まで落とすのは「清水モノ」なのがご理解いただようかと。
しかし、アプリオとアクシスのキャブが16Πだから同じ、というわけではなくって、ヤマハ部品情報検索で、よくよくアプリオとアクシスのキャブの部品をみていると、スロットルバルブの径? 数値が違う。アプリオ(同じ2本引き、2本ネジキャブの4LV3モデル)は「30」、アクシスは「35」。ちなみにビーノは「25」。
スロットルバルブがキャブの性能にどれだけの影響を与えているかわからないけど、単純に数値がデカいほど、デカい分だけエラいとしたら、性能差は単純に7:6で約1.17倍。アプリオにアクシスのキャブを入れたら、メインジェットは82番/1.17の70番相当となります。3KJジョイントの10番増し分の補正をしても78番相当。
もっともっと現実的な足元を見ると、100ccのグランドアクシスの純正メインジェットは78番。ノーマルマフラーの50ccエンジンに80番はデカすぎることぐらい最初に気づいとけよ・・・。

最初から75番あたりからはじめるべきだったというのが相対論での結論のようです。もしかしたら最小の70番でも濃いぐらいかもしれないですね。また、3KJジョイントについては、ノーマルマフラーの50ccエンジンでは10番増しは必要じゃないかもしれない。余力のあるエンジンにのみそれなりの増量が必要なのでは?

そして、これでもってエンジンがさらにまわったら80キロでちゃうでしょうか? ノーマルエンジンとビーノのノーマルマフラーですよ? だとしてもしなくても、このキャブの状態で75キロとかでる3YJエンジンってすごいわ。暴言を心から恥じております。

JUGEMテーマ:車/バイク
 



コメント
はじめまして!
セッティングの結果楽しみに待ってます^^
  • のり
  • 2011/06/19 1:23 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック