selected entries

categories

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

観戦終了

週末のマリン3連戦で日程を終える千葉ロッテ。わたしは都合がつかず、また、ポストシーズンへの進出がほぼなくなったこともあり、今シーズンの観戦は終了ということになりそうです。

驚いているのは、3割をわりこみはじめていた角中勝也が、あの中島裕之選手に競り勝ち首位打者濃厚となったこと。このところの打棒は見事というほかありません。すでに昨シーズンから予兆はありましたので、一過性のものではないと信じています。

また、下馬評では益田直也の新人王も当確とのこと。正直なところ、先がある選手とはおもえないので、今シーズンフル稼働した軌跡を残せたことはなによりだとおもいます。

そんなふたりがいながら、また前半戦は首位を走っていたのに5位に甘んじたのはなぜか。とくに8月末からの9連敗はとても痛かった。選手に調子の良し悪しがつきものということであれば、ベンチワークが原因だし、主力のほとんどが10年選手という実情をかんがえると自己管理も含めた選手の力
不足ということでしょう。

また、この一両日で他チームの多くのベテラン選手の去就を明確にしているなか、マリーンズではそういった動きはほとんどなし。つまりは、来年も同じようなメンバーを柱としたチームで戦うことになりそうです。

近いうちに今シーズンの感想のような総括をしたいとおもってますけど、わたしがシーズン前に注目選手としてあげた根元俊一は花マルの合格。清田育宏は三角ぐらい、大松尚逸は全く戦力にならず、といった評価でいいんじゃないでしょうか。

今シーズンも楽しかったです。

JUGEMテーマ:千葉ロッテマリーンズ
 



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック