selected entries

categories

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

ドラフト前夜

そういえば昨年のドラフト前は藤岡貴裕の指名権を願い、それがかなったことでえらく喜んでいたなあ、とおもいだしてます。

その藤岡や凡百のこれまでのドラフト一位の投手たちをみてわかるように、神宮や甲子園のガン数値は全くアテになりません。また、高校通算○本、ってののアテにならなさも周知のところ。じゃあ、なにをアテにしたらいいのか。

それを見極めるのがプロのスカウトだとおもうんですけど、わたしは、勝ち続けることだったり、活躍し続けることだったりするようにおもいます。
荒木大輔さんや桑田真澄さんのように高校三年間を全国民の前で投げ続けた投手にはずれはなかったし、春夏とか、夏春とか、連覇st連続準優勝とか、継続できた選手、とくにピッチャーはアテにできるとおもってます。大学通算○勝、とか、○奪三振とかも。

要は、今年は東浜投手か藤浪投手が引ければ幸せになれそうにおもってます。もちろん藤浪投手のほうが夢をみれそうですけど、万に一つもハズれがなさそうなのは東浜投手かな、と。藤浪投手は西武か広島が似合うと勝手におもってます。

あとの注目の大谷投手は、上記の継続ができていないという意味で素材倒れの可能性が少なくないとおもってます。失礼ですが、岩手県を勝ち抜けなかった投手にそんなに魅力はかんじません。それと、菅野投手は昨年は煙幕をはってましたけど、指名前の段階で藤岡よりいいハナシは聞きませんでしたので、その程度であっても不思議はない。

と、いうことで東浜投手を熱望します。で、藤浪投手なら大喜び。そんなかんじで明日の夕方を楽しみにしたいとおもいます。

JUGEMテーマ:千葉ロッテマリーンズ
 



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック